ライフ店舗・ライフソコラ所沢店の場所・営業時間・規模は?又、ライフ店舗はどんなお店?

ライフ

2018年6月に埼玉県蕨市に「ライフ蕨駅前店」が開業してから、約6年ぶりの埼玉県出店となる新たなライフ店舗がオープンするようなので、その出店情報とライフの店舗情報について調査しました。

  1. ライフ店舗・ライフソコラ所沢店の場所・営業時間は?
  2. ライフ店舗・ライフソコラ所沢店の規模は?
  3. ライフ店舗・ライフソコラ所沢店はどんなお店?
      1. 1910年(明治43年)創業。
      2. 1956年(昭和31年)
      3. 1956年(昭和31年)
      4. 1961年(昭和36年)
      5. 1971年(昭和46年)
      6. 1973年(昭和48年)
      7. 1979年(昭和54年)
      8. 1981年(昭和56年)
      9. 1982年(昭和57年)
      10. 1983年(昭和58年)
      11. 1984年(昭和59年)
      12. 1985年(昭和60年)
      13. 1991年(平成3年)
      14. 2008年(平成20年)
      15. 2024年
      16. ライフ店舗・ソコラ所沢店の地域の特徴は?
      17. ライフ店舗・ソコラ所沢店の品揃えは?
  4. 某有名番組でライフこだわりのお惣菜を紹介
  5. ライフ店舗は首都圏で何店舗?埼玉県で何店舗?
      1. 首都圏店舗は、以下の店舗数となります。
      2. 東京都は、106店舗。
      3. 神奈川県は、以下の31店舗となります。
      4. 川崎市は、16店舗
      5. 横浜市は、9店舗
      6. 鎌倉市は、1店舗
      7. 相模原市は、5店舗
      8. 千葉県は、以下の5店舗となります。
      9. 千葉市は、1店舗
      10. 松戸市は、1店舗
      11. 市川市は、1店舗
      12. 柏市は、1店舗
      13. 佐倉市は、1店舗
      14. 埼玉県は、以下の7店舗となります。
      15. さいたま市は、以下の2店舗となります。
      16. 吉川市は、以下の2店舗となります。
      17. 越谷市は、以下の1店舗となります。
      18. 蕨市は、以下の1店舗となります。
      19. 新座市は、以下の1店舗となります。
      20. 所沢市は、以下の1店舗となります。
  6. まとめ

ライフ店舗・ライフソコラ所沢店の場所・営業時間は?

名 称 : ライフソコラ所沢店(TEL:042-992-8455)
場 所 : 埼玉県所沢市北秋津592(西武新宿線・西武池袋線「所沢」駅 東口 徒歩 約11分)  
営 業 : 9:00-21:30(※オープン日は、10:00から開店)

ライフ店舗・ライフソコラ所沢店の規模は?

開 業 : 2024年4月25日開業済。
規 模 : 地域密着型商業施設「SOCOLA所沢」内に出店、鉄骨造 地上2階、敷地面積:約17,997㎡、ライフ店舗の売場面積:約2,240㎡(1階)、店舗数:12店舗(内3店舗は、クリニックの予定)
駐車台数:311台。駐輪場台数:179台

※地域の日常をエコに変えることを目指して、新しいショッピングセンターを計画されており、この施設では、食料品スーパーマーケットやおもちゃの豊富な売り場を持つ家電量販店など、様々な店舗が利便性を提供します。また、飲食店やクリニックなどもあり、生活に役立つ場所となります。さらに、太陽光パネルやEV充電器、シェアサイクルなどの取り組みを通じて省エネや創エネに貢献し、埼玉県・所沢市に特有の植物を活用した植栽計画も進め、周辺の自然と調和しながら、利便性の高いまちづくりを目指している施設のようです。ここに入店予定の店舗は、以下となります。

1)Joshin(ジョーシン)  
2)トモズ(医薬品やサプリメントをはじめ、化粧品、日用雑貨からベビー、介護用品等)
3)ダイソー
4)もんじゃ・お好み焼 わいず
5)ケンタッキー・フライド・チキン
6)一風堂
7)サーティワン アイスクリーム
8)ポニークリーニング
9)ドクターズポート(小児科、他2店舗は未定)

ライフ店舗・ライフソコラ所沢店はどんなお店?

ライフ店舗は、近畿地方、関東地方を中心にスーパーマーケットを展開しており、かなり歴史を持った店舗となるので、以下に簡単にまとめてみました。

1910年(明治43年)創業。

1956年(昭和31年)

清水実業株式会社(初代)を設立。
食料品販売及びパイン缶詰、フルーツ等の輸入並びに国内販売を開始。

1956年(昭和31年)

株式会社ライフを設立。

1961年(昭和36年)

スーパーマーケット形式第1号店となる豊中店(大阪府豊中市)を開店。翌年から大阪府や兵庫県を中心にチェーンストア展開を始める。

1971年(昭和46年)

スーパーマーケット板橋店(首都圏に進出)を開設し、同時に東京本部を設置。

1973年(昭和48年)

清水実業株式会社(初代)から株式会社ライフ(初代)へ商号変更。

1979年(昭和54年)

本店は東京に残し、本部を大阪市淀川区に設置。翌年から「本社」と呼称。

1981年(昭和56年)

株式会社ライフストアへ商号変更。

1982年(昭和57年)

大証第2部に株式上場。

1983年(昭和58年)

東証第2部に株式上場。

1984年(昭和59年)

大証および東証の第1部に株式上場。

1985年(昭和60年)

POSレジを導入。

1991年(平成3年)

株式会社ライフコーポレーションへ商号変更。本社を大阪市東淀川区東中島一丁目19番4号の新大阪NLCビルへ移転。東京本部を「東京本社」に改称し、2本社制を導入。以降、各地に店舗展開をしていく。

2008年(平成20年)

近畿圏・首都圏を合わせて200店舗となる。

2024年

近畿圏で167店舗・首都圏で138店舗、合わせて305店舗となる。

ライフ店舗・ソコラ所沢店の地域の特徴は?

この地域では、最近5年間で世帯数が約120%増加し、新築住宅が次々と建設される注目エリア、人口は今後も増加する見込みで、特に40代の割合が16%で最も高く、次いで30代が15%を占めるなど、ファミリー層が多いことが特徴と考えられます。

ライフ店舗・ソコラ所沢店の品揃えは?

埼玉ならではの特色を持つ商品がラインナップされたコーナーや、「オーガニック・ローカル・ヘルシー・サステナビリティ」をテーマにしたBIO-RAL商品が販売されるライフのみの取り扱い品、そして味にこだわったオリジナル商品や総菜など、最新の品揃えが魅力の売り場となるようです。

地域限定の商品として、深井醤油や狭山茶、地元の製麺所で作られたうどんなど、所沢周辺でしか手に入らない商品が特設コーナーに並ぶ。埼玉の魅力あふれる商品がライフソコラ所沢店で手に入る。又、「所沢産の醤油・所沢産の麺・所沢産の野菜1品以上」を使用することが条件の「ところざわ醤油焼きそば」が店内で提供される。同様に所沢産醤油を使った「所沢焼きだんご」も販売される。地元の野菜にも力を入れ、所沢や川越など周辺地域の地元野菜を集めた「埼玉育ち」コーナーも設置され、新鮮で彩り豊かな野菜が多数揃うようです。

この店舗は、地域密着型商業施設ということを、かなり意識されている店舗だと思われると同時に、特徴的な店舗になりそうですね。地域との協業体制を作りながらの展開となるため、今までのスーパーとは、一味変わった店舗のようにも見受けられます。

<氷上最大の凍結食品エリア>                                 冷凍食品コーナーは、過去最大の規模で、1000種類以上の品揃えとなっています。新しいライフの店舗では、「餃子の食べ比べ」や「専門店の味」、「アレルギー対応食品」、「ワンプレート」などの定番商品に加えて、「北海道の味」や「九州の味」など、最近人気の高い商品も充実しているようです。

<肉製品には簡単なタイパ商品を取扱い>                           畜産部門では、忙しい時や手間をかけたくない時に便利な、揚げたり焼いたりするだけで済む商品を集めた「タイパ!GOODコーナー」を設けています。こだわりのライフ肉を使用した、衣付きトンカツや生ハンバーグなど、美味しくて手軽な商品が揃っています。

<多様なミールキットを展開>                                 各売り場では、すべての材料と調味料がセットになった、簡単で便利な「ミールキット」を多数準備されています。「八百屋さんのミールキットコーナー」では、主食と主菜が揃った商品などもあります。

<ビオラル>                                         ビオラルコーナーでは、「オーガニック・ローカル・ヘルシー・サステナビリティ」のコンセプトに基づいた商品をラインナップされており、自然志向の方々にもおすすめです。

<農産>                                          農産コーナーでは、新鮮で有機的な野菜や、「BIO-RAL 下ゆで有機野菜シリーズ」など、約60種類もの商品を取り揃えているようです。

<水産>                                          水産部門では、新鮮な魚介類を対面販売し、お客様の要望に応じて調理されるようです。毎週土曜日には、当日水揚げされた新鮮な魚介類を新幹線で運んできて、夕方から販売。また、人気の「うを鮨」コーナーも設けており、新鮮な生ねたを使用。赤酢シャリを使用した商品もあるようです。

<ライブキッチン>                                     総菜コーナーは「ライブキッチン」として運営されており、お客様に視覚、聴覚、嗅覚でおいしさを提供されるようです。また、需要の高いベビーフードやペットフードも豊富に取り揃えており、素材にこだわった健康的な商品も充実。

某有名番組でライフこだわりのお惣菜を紹介

以下のお惣菜が紹介されました。
【第1位】地鶏だしごはんの出汁茶漬け(炙りたらこ)
地鶏だしで炊き上げた焼きおにぎりを、「ライフプレミアム:そのまま飲んで美味しいあご入りおだし」を使用した出汁で食べるお茶漬けです。
【第2位】だし香る手作り棒いなり
出汁がひたひたにしみたお揚げで、くるっと巻いたひと口サイズの棒いなりです。
【第3位】銀鮭西京焼き海苔弁当
食べ応えのある大きさに切った鮭を、西京みそで48時間じっくり漬け込み、ふっくらと焼き上げた
メイン食材の入ったお弁当です。
その他、銘柄豚のスペアリブグリル、手包みビーフカレーパン、純和赤鶏むね塩唐揚げ、
だし巻き玉子焼き弁当、他。

但し、首都圏ライフ店舗にて販売している商品で、店舗により品ぞろえが異なるようなのでご注意を。

どれもかなり美味しそうですね。まだ食べたことがない物ばかりなので、これから試していきたいと思います。西京みそで48時間じっくり漬け込んだ鮭は、かなりクオリティも高そうなので、とても楽しみです。

ライフ店舗は首都圏で何店舗?埼玉県で何店舗?

首都圏店舗は、以下の店舗数となります。

東京都は、106店舗。

神奈川県は、以下の31店舗となります。

川崎市は、16店舗

横浜市は、9店舗

鎌倉市は、1店舗

相模原市は、5店舗

千葉県は、以下の5店舗となります。

千葉市は、1店舗

松戸市は、1店舗

市川市は、1店舗

柏市は、1店舗

佐倉市は、1店舗

埼玉県は、以下の7店舗となります。

さいたま市は、以下の2店舗となります。

1.ライフ指扇店(048-622-4554)
埼玉県さいたま市西区大字指扇領別所355-1、駐車台数:100台(無料)
営業時間:9:30~21:00
2.ライフさいたま新都心店(048-601-5333)
埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4-267-2、駐車台数:1000台(有料)通常料金200円30分、
但し、コクーンシティカード会員1時間無料、お買い上金額によって条件あり。駐輪場3時間無料。
営業時間:9:30~22:00

吉川市は、以下の2店舗となります。

1.ライフ吉川栄町店(048-983-7800)
埼玉県吉川市栄町797-1、駐車台数:440台(無料)
営業時間:9:30~22:00
2.ライフ吉川駅前店(048-981-8611)
埼玉県さいたま市西区大字指扇領別所355-1、駐車台数:286台
お買上で1時間/1000円以上2時間無料・提携タイムズ吉川駅前・第2・第6
営業時間:9:30~24:00(1・2階~22:00・3階~21:00)・ドラッグコーナー9:30~22:00

越谷市は、以下の1店舗となります。

1.ライフ北越谷店(048-977-1231)
埼玉県越谷市北越谷2-38-8、駐車台数:63台(有料)※500円以上2時間無料
(平日30分100円/1日最大700円・土日30分200円)
営業時間:9:30~21:30(2階9:30~21:00)・100円ショップSeria 9:30~20:00

蕨市は、以下の1店舗となります。

1.ライフ蕨駅前店(048-446-1570)
埼玉県蕨市塚越1丁目7-9、駐車台数:71台(有料)500円以上で90分無料サービス券配布
8時~22時/30分200円・22時~8時60分200円/24時間最大2000円/夜間500円
営業時間:9:30~24:00(ドラッグコーナー9:30~21:00)

新座市は、以下の1店舗となります。

1.ライフ新座店(042-424-9211)
埼玉県新座市栗原4-12-25、駐車台数:100台(屋上/第2/有料)
屋上駐車場無料サービス券は、レシートの「バーコード」が必要になります。※テナント
ご利用の方はサービス券をお渡し致します。店舗・テナントのお買い物で90分無料。
通常駐車料金60分100円(24時間最大600円)・屋上駐車場87台
営業時間:9:30~24:00 (2階~22:00/土日9:00~)
(ドラッグコーナー9:30~22:00/土日9:00~22:00)

所沢市は、以下の1店舗となります。

※埼玉県として、8店舗目となり、所沢市としては1店舗目となります。

まとめ

以上からもわかるように、首都圏だけでもかなりの店舗数があることがわかりますね。更に、ライフ店舗ならではの特徴をとり入れられており、消費者にとっては今後さらに楽しみとなることは、間違いないと考えられます。特に、ここの所沢店では、地域との関わりを持ってのオープンとなるので、地域の方々と本当に触れ合えるスーパーになるように感じます。最後までお読み頂き、有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました