そよら福井開発(福井県福井市)のオープン予定の場所・開業時期・規模は?又、そよらは、どんな施設?

スポンサーリンク
そよら
スポンサーリンク

イオンリテールが小商圏の新フォーマットとして展開する都市型ショッピングセンターとして、福井県福井市に「そよら福井開発」の施設をオープンするようなので、その施設情報と店舗情報について調査しました。

そよら福井開発のオープン予定の場所・営業時間は?

施設名 : そよら福井開発
場 所 : 福井県福井市西開発3-205 (「長原駅」より徒歩約5分)
営 業 : イオンスタイル福井開発 – 1F:08:00~22:00、2F:09:00~22:00
そよら長原駅前 専門店 : 09:00~22:00(但し、店舗により異なる。)

そよら福井開発のオープン予定の開業時期・規模は?

開 業 : 2024年7月13日 オープン予定
規 模 : 敷地面積 : 約15,110㎡。売場面積:約5,265㎡。地上2F建て。駐車場台数:288台、駐輪場台数:136台。

福井県では、1977年に「ショッピングタウンピア」(福井市)内に「ジャスコ」がオープンし、約26年間営業していたが、2003年に閉店。その後、「イオン」の出店はなかった。「そよら福井開発」は、イオンリテールへの商号変更後、福井県内での初めての出店であり、「ジャスコ」出店から数えて47年ぶりの出店となるようです。

そよら福井開発は、どんな施設?

そよらの概要

都市部では、スーパーや雑貨店、カフェ、クリニック、カルチャー教室など、生活に密着した施設が別々に立地していることが一般的です。しかし、交通網の発達やアクセスの良さから、仕事の合間でもこれらの施設に立ち寄ることが可能です。そのため、「もっと手間なく買い物をしたい」「身近な場所で買い物を済ませたい」「ネットと店舗の利用を効率的に組み合わせたい」といった利便性がますます求められ、買い物や用事を一カ所で済ませたいというニーズが高まっています。

そのような状況の中、「イオンそよら」は、“通う・集う・つながる場”をキーワードに据え、都市生活に必要な施設が一堂に揃い、日々の暮らしをより楽しく便利にする毎日のように自然な場所を目指します。このコンセプトでは、日常の支えとなり、利便性を重視し、地域との結びつきを大切にするワンストップショッピング型の商業施設を目指しています。展開地域は、三大都市圏や政令指定都市の中心地へのアクセスが容易な場所を中心に予定されています。

そよらの特徴

日常生活で頻繁に利用される品目をひとつにまとめた店舗構成や、テイクアウト・デリバリーサービス、クリック&コレクトサービス(※1)など、便利なサービスを提供しています。また、カフェや広場などのコミュニティスペースや、学びや体験の場としての塾やカルチャー教室など、生活の充実度を高める施設を徒歩圏内に整備しています。今後、イオンリテールは地域に適したフォーマットとして、「イオンモール」「イオンショッピングセンター」と並ぶ新しい「イオンそよら」の展開を拡大していきます。

(※1:ECサイトで商品を購入し、店舗や宅配ボックス、ドライブスルーなどの自宅以外の場所で
商品を受け取るショッピングスタイルおよびその仕組みを意味します。)

そよらの名称の由来

お客様からの応募によるもので、「そ ら、 寄 って、 楽 しんでって!」です。この名称は、日常に心地よいそよ風が吹き込むように、都市生活をより楽しく、心地よく過ごすための場所を意味しています。この施設は、お客様と共に作り上げる身近な商業施設を目指しており、「イオンスタイル海老江」のオープンに際して行われた一般公募で、全国から寄せられた応募の中から選ばれて、決まったようです。

そよら福井開発の目指すところは?

“そよら”としての出店は、北陸地域で初めてとなり、メインの「イオンスタイル福井開発」と多様な専門店を配置し、“一カ所で効率よく用事を済ませたい”というニーズに対応した子育て世帯や通勤・通学者にとって便利な生活拠点を目指されます。

そよら福井開発の核店舗は?

「イオンスタイル福井開発」

利便性の高い駅近の立地を活かし、子供から大人まで幅広い世代に対応する店舗を目指され、「EVERY DAY」と「便利(時短)」の2つをテーマに掲げ、日常の生活を楽しく便利にする食品・日用品・化粧品・医薬品など、購入頻度の高い商品を取り揃え、福井市の地元食材にもこだわってられます。また、生活スタイルに合わせたショッピングやサービス等を以下の3つのポイントに注力して店舗作りをされています。

1.できたて&簡単便利なメニューの提案で毎日の暮らしをサポート。
2.イオンのプライベートブランド“トップバリュ”をお買い得価格にて提供。
3. リアルとデジタルを組み合わせた快適で便利な買い物環境を提供。

売場は、以下のような特徴的なものがあります。(一部紹介)

◇地域の生産者が育てた地場野菜売場
◇地元の漁港から水揚げされた鮮魚を対面提供する鮮魚売場
◇品質にこだわった精肉売場
◇こだわり・出来立ての惣菜売場
◇生地や焼き方にこだわったピッツァ「ピッツァソリデラ」を提供等。

そよら福井開発の専門店は?

そよら福井開発には、以下の専門店が出店予定となります。

そよらは、現在何ヶ所?

そよらは、現在10ヶ所あり、そよら金剛が近日オープン、福井開発がオープンすることで、12ヶ所目となります。

1.そよら海老江
核店舗 : イオンスタイル海老江(06-4797-6222)
営業時間:7:00~24:00
大阪府大阪市福島区海老江1-5-52 駐車場台数:80台(最初の1時間無料)
駐輪場台数:154台、バイク:10台

2.そよら新金岡
核店舗 : イオンスタイル新金岡(072-240-2058)
営業時間:8:00~23:00(調剤 9:00~21:00)
大阪府堺市北区新金岡町4-1-11 駐車場台数:97台(最初の30分無料)
駐輪場台数:342台、バイク:8台

3.そよら上飯田
核店舗 : イオンスタイル上飯田(052-916-6240)
営業時間:9:00~22:00(調剤 9:00~21:00)
愛知県名古屋市北区織部町1-1 駐車場台数:310台(最大料金24時間¥600.)
駐輪場台数:180台

4.そよら湘南茅ケ崎
核店舗 : イオンスタイル湘南茅ケ崎(0467-88-3131)
営業時間:8:00~22:00(調剤 10:00~19:00)
神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎2-7-71 駐車場台数:900台(最大料金24時間¥900.)
駐輪場台数:509台、バイク:61台

5.そよら東岸和田
核店舗 : イオンスタイル東岸和田(072-430-5810)
営業時間:1F:8:00~23:00、2F:9:00~22:00(調剤 9:00~21:00)
大阪府岸和田市土生町2-32-39 駐車場台数:847台(最初の2時間無料)
駐輪場台数:407台、バイク:43台

6.そよら武蔵狭山
核店舗 : イオンスタイル武蔵狭山(04-2900-1070)
営業時間:8:00~23:00
埼玉県狭山市入間川3-31-5 駐車場台数:291台(無料)
駐輪場台数:不明

7.そよら浜松西伊場
核店舗 : イオンスタイル浜松西伊場(053-413-2060)
営業時間:8:00~22:00
静岡県浜松市中央区西伊場79-2 駐車場台数:319台(無料)
駐輪場:不明

8.そよら古川橋駅前
核店舗 : イオンスタイル古川橋駅前(06-6906-7311)
営業時間:1F:8:00~23:00、2F、3F:9:00~22:00(調剤 9:00~21:00)
大阪府門真市末広町41-2 駐車場台数:540台(最初の2時間無料)
駐輪場:有り

9.そよら鈴鹿白子
核店舗 : イオンスタイル鈴鹿白子(059-380-5900)
営業時間:8:00~22:00(調剤 9:00~20:00、土、日は別時間帯)
三重県鈴鹿市白子駅前3-1 駐車場台数:305台(最初の3時間無料)
駐輪場台数:119台

10.そよら横浜高田
核店舗 : イオンスタイル横浜高田(045-595-2500)
営業時間:8:00~22:30(調剤 9:00~20:00、土、日は19:00迄)
神奈川県横浜市港北区高田西1-1-47 駐車場台数:197台(30分毎に¥200.)
駐輪場台数:190台、バイク:12台

11.そよら金剛(6月28日オープン予定)

まとめ

今回、そよら福井開発がでは北陸エリア初となり、全体では12ヶ所目となります。これから、今まで以上の地域との関わりを持った新しい都市型ショッピングセンターとして、今後更に増えていく施設だと思います。次回は、更におすすめの商材を調べて紹介していきたいと思います。最後までお読み頂き、有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました