万代が大阪市平野区でオープン予定の店舗名・場所・開業時期・施設規模は?又、万代はどんな店舗?

スポンサーリンク
万代
スポンサーリンク

大阪府を中心に奈良県、兵庫県、京都府、三重県、和歌山県の2府4県にスーパーマーケットを展開している株式会社万代が、大阪市平野区にオープン予定となったので、その施設の情報との万代の店舗情報について調査しました。

  1. 万代が大阪市平野区で出店予定の施設名・場所は?
  2. 万代が大阪市住之江区で出店予定の開業時期・施設規模は?
  3. 万代・平野西脇店はどんな店舗?
      1. 万代の創業と百貨店設立について
        1. 1949年:「万代油脂工業」:石鹸の製造販売業として創業。
        2. 1953年:「万代油脂工業株式会社」へ組織変更。
        3. 1962年:万代油脂工業株式会社から分離し、「株式会社万代百貨店」を設立。
        4. 1964年:本社・東大阪市渋川町に営業本部を移転し、テレビCMの開始。
        5. 1965年:万代独自の対面販売方式を開始。
        6. 1966年:布施店の移転と店舗面積拡大にともなう生鮮食品販売の開始。現在の生鮮食品に強いスーパーマーケットとしての万代の歴史はここから始まる。
        7. 1969年:10店舗達成。店舗出店について創業以来、ドミナント戦略を実施。
        8. 1981年:対面販売方式からセルフ販売方式へ変更。
        9. 1985年:100店舗達成。
        10. 1989年:株式会社万代百貨店から株式会社万代に社名を変更。惣菜部門、惣菜センターを設立。POSシステム導入。
        11. 1992年:創業30周年。
        12. 1995年:大型店舗第1号店として和泉中央店を開店。
        13. 1996年:店舗の大型化・複合化を推進し、リカーショップ「酒慢」とドラッグストア「スーパードラッグ万代大蓮店」を開店。
        14. 1997年:新POSシステムの導入。硬貨の自動つり銭機能を備えたIBM社製のPOSシステムを導入。万代にとっては2代目のPOSシステムで、チェッカーのつり銭を勘定する手間が大幅に省かれ、効率化を実現。
        15. 新EOSシステムの導入。パソコンによる新しい発注システムを導入。新EOSの導入は発注担当者の手間の省略だけでなく、営業利益高アップにも繋がった。。
        16. 1999年:新社屋竣工。
        17. 2004年:食の安全・安心委員会の発足。
        18. 2005年:オリジナル直営ベーカリーを開店。プライベートブランド「万代選品」開発の開始し、翌年から発売開始する。
        19. 2009年:大型店舗が次々とオープンさせる。
        20. 2011年:年間売上高2,500億円達成。食材宅配事業開始。
        21. 2012年:設立50周年。
        22. 2013年:150店舗達成。
        23. 2020年:万代ポイントカードにプリペイド機能(「mandai pay」)を追加。
        24. 2021年:南津の辺店にて、初となるネット宅配サービスを開業する。クレジット決済、汎用電子マネー決済の全店導入。
        25. 2022年:健康経営優良法人の認定。コード決済の全店導入。便利でお得な万代アプリの開始。
        26. 2023年:マルカツ水産株式会社の全株式を取得する。I&H株式会社と共同で合弁会社、株式会社万代メディカルを設立。ネット宅配の開業店舗が17店舗に展開。万代アプリからスマホ決済でのお支払いが可能となる。
      2. 万代の特徴について
        1. 価格面について
        2. 品質と品揃えについて
        3. 地域に沿った商品ラインナップについて
        4. オリジナルブランド「万代選品」について
        5. 便利なサービスについて
  4. 万代は、「関西テレビ」や「テレビ大阪」で放映
  5. 万代は関西で何店舗?
      1. 大阪市内では、現在は以下の27店舗予定。
      2. 大阪府内では、以下の市で現在は87店舗。
      3. 兵庫県では、現在は29店舗。
      4. 奈良県では、現在は13店舗。
      5. 京都府では、現在は10店舗。
      6. 和歌山県では、以下の現在1店舗。
      7. 三重県では、以下の現在1店舗。
  6. まとめ

万代が大阪市平野区で出店予定の施設名・場所は?

店舗名 : (仮称)スーパー万代 平野西脇店(日本金銭機械株式会社の跡地)
場 所 : 大阪府大阪市平野区西脇2丁目3-15

万代が大阪市住之江区で出店予定の開業時期・施設規模は?

開 業 : 2024年12月6日 開業予定
規 模 : 鉄骨造2階建て、延床面積4,777㎡。1階:スーパー万代、2階:小売業者2店舗。
店舗面積 : 約2,276㎡。駐車台数76台、駐輪台数95台収容(内原付8台)
営業時間 : 7:00~24:00予定

万代・平野西脇店はどんな店舗?

万代は、大阪を中心に奈良、兵庫、京都、和歌山、三重の2府4県で店舗を展開しているスーパーマーケットで、競合他社のマーケットの中でも、高い集客力と競争力を誇る店舗とされており、庶民派のスーパーとして以下の沿革と特徴があります。

万代の創業と百貨店設立について

1949年:「万代油脂工業」:石鹸の製造販売業として創業。
1953年:「万代油脂工業株式会社」へ組織変更。
1962年:万代油脂工業株式会社から分離し、「株式会社万代百貨店」を設立。
1964年:本社・東大阪市渋川町に営業本部を移転し、テレビCMの開始。
1965年:万代独自の対面販売方式を開始。
1966年:布施店の移転と店舗面積拡大にともなう生鮮食品販売の開始。現在の生鮮食品に強いスーパーマーケットとしての万代の歴史はここから始まる。
1969年:10店舗達成。店舗出店について創業以来、ドミナント戦略を実施。
1981年:対面販売方式からセルフ販売方式へ変更。
1985年:100店舗達成。
1989年:株式会社万代百貨店から株式会社万代に社名を変更。惣菜部門、惣菜センターを設立。POSシステム導入。
1992年:創業30周年。
1995年:大型店舗第1号店として和泉中央店を開店。
1996年:店舗の大型化・複合化を推進し、リカーショップ「酒慢」とドラッグストア「スーパードラッグ万代大蓮店」を開店。
1997年:新POSシステムの導入。硬貨の自動つり銭機能を備えたIBM社製のPOSシステムを導入。万代にとっては2代目のPOSシステムで、チェッカーのつり銭を勘定する手間が大幅に省かれ、効率化を実現。
新EOSシステムの導入。パソコンによる新しい発注システムを導入。新EOSの導入は発注担当者の手間の省略だけでなく、営業利益高アップにも繋がった。。
1999年:新社屋竣工。
2004年:食の安全・安心委員会の発足。
2005年:オリジナル直営ベーカリーを開店。プライベートブランド「万代選品」開発の開始し、翌年から発売開始する。
2009年:大型店舗が次々とオープンさせる。
2011年:年間売上高2,500億円達成。食材宅配事業開始。
2012年:設立50周年。
2013年:150店舗達成。
2020年:万代ポイントカードにプリペイド機能(「mandai pay」)を追加。
2021年:南津の辺店にて、初となるネット宅配サービスを開業する。クレジット決済、汎用電子マネー決済の全店導入。
2022年:健康経営優良法人の認定。コード決済の全店導入。便利でお得な万代アプリの開始。
2023年:マルカツ水産株式会社の全株式を取得する。I&H株式会社と共同で合弁会社、株式会社万代メディカルを設立。ネット宅配の開業店舗が17店舗に展開。万代アプリからスマホ決済でのお支払いが可能となる。

万代の特徴について

価格面について

小型から中型の店舗が多く、価格帯は安めです。

品質と品揃えについて

品質の高さと品揃えの豊富さが売りです。店内には大手スーパーには置いていないようなマニアックな商品も取り扱っています。野菜やフルーツ、鮮魚までどれをとっても瑞々しく見るからにおいしそうな商品ばかりです。

地域に沿った商品ラインナップについて

対面販売で培った接客の力を生かし、真のニーズを把握し、年齢層や家族構成などを考慮した少量販売など、その地域に沿った商品ラインナップと食材加工を実践しています。

更に、色々な戦略をされており、特に地域に沿った商品のラインナップがあることにより、集客力をつけてられるのだと思いますね。今回は、この施設でどのような戦略で開業されるかは、本当に楽しみです。

オリジナルブランド「万代選品」について

食料品から、お菓子、日用品、ペットフード、酒類までと幅広い、オリジナルブランドを販売されている点も大変興味があります。

便利なサービスについて

1.『万代ポイントカード』

万代でのお買い物時にポイントをお得に貯めるカードです。お買い物時に『万代ポイントカード』を提示すると、200円(税抜き)ごとに1ポイントが進呈されます。ポイントは1ポイントごとに1円分として、万代各店のレジで直接利用できます。累計ポイントはレシートに表示されます。

ポイントの利用は「現金・mandai pay・商品券」のお支払いに限ります。毎月1日から月末までの期間中に積み立てたポイントは、翌年の同月末日まで有効です。有効期限内にポイントを利用しない場合、ポイントは自動的に消滅しますのでご注意ください。

2.電子マネーmandai payの主な特徴

チャージ機(入金機)で現金にてチャージ(入金)できます(レジでは不可)。チャージは1,000円単位から可能で、1回あたりのチャージ額上限は49,000円です。1枚のカードのチャージ残高上限は100,000円です。一度チャージされた現金は払い戻せません。

お支払いの際に万代カードをご用意し、「mandai payで払います」とお申し出ください。万代各店でお支払いいただけます(テナントは除く)。残高不足の場合は、不足分は現金やポイントでお支払いください。

3.店内設置のチャージ機

mandai payでのお支払いレシート
カード裏面記載の専用ページまたはお問い合わせ窓口
電子マネーmandai payの有効期限

電子マネー残高の有効期限は最終利用日から5年です。最終利用日とは、最後にmandai payサービスを利用した日、または最後にチャージをした日です。5年を経過するとmandai pay残高はゼロとなり、現金で払い戻しも行われません。

※万代ポイントの有効期限はお買い上げ月から1年間です。毎月1日から月末までの期間中に積み立てられたポイントは、翌年の同月末日までが有効期限となります。有効期限の切れたポイントは自動的に消滅しますので、有効期限までにご利用ください。

万代は、「関西テレビ」や「テレビ大阪」で放映

1.「関西テレビ」では、3月に放送された番組:「よ~いドン!」で、テーマ:「番組内企画【プロにお願い!ちゃちゃっとワンプレート】リポーター(ミルクボーイ)とシェフが、万代都島店にて簡単ワンプレート料理を作成するコーナーで使用する材料を購入するというシーンが放映されました。

2.「テレビ大阪」では、3月に放送された番組:「やさしいニュース」で、テーマ:「値上げ・値下がりしている食品・商品について」、万代渋川店の日下部長殿のインタビューが放映されました。

万代は関西で何店舗?

大阪市内では、現在は以下の27店舗予定。

1)スーパー万代・フレスポ阿波座店(06-6531-1511)
大阪府大阪市西区立売堀6-3-8
営業:9:00~22:00
2)スーパー万代・天王寺店(06-6622-0033)
大阪市阿倍野区天王寺町南一丁目2番2号
営業:9:00~22:00
3)スーパー万代・旭高殿店(06-6953-0001)
大阪市旭区高殿6丁目23-12
営業:9:00~22:00
4)スーパー万代・新森店(06-4254-0361)
大阪市旭区新森6-11-16
営業:9:00~22:00
5)スーパー万代・都島店(06-6928-3181)
大阪市都島区都島中通2丁目9-4
営業:9:00~22:00
6)スーパー万代・都島友渕店(06-6926-0070)
大阪市都島区友渕町3-2-1
営業:9:00~22:00
7)スーパー万代・鶴見店(06-6914-3570)
大阪市鶴見区鶴見4丁目11-63
営業:9:00~22:00
8)スーパー万代・鶴見今津店(06-6963-0105)
大阪市鶴見区今津中2丁目5-38 
営業:9:00~22:00
9)スーパー万代・鶴見諸口店(06-6912-5110)
大阪市鶴見区諸口6-2-2 
営業:9:00~22:00
10)スーパー万代・田島店(06-6718-3125)
大阪市生野区林寺 3-5-25 
営業:9:00~21:00
11)スーパー万代・巽西店(06-6757-1152)
大阪市生野区巽西 4-4-31
営業:9:00~22:00 
12)スーパー万代・巽北店(06-6752-7171)
大阪市生野区巽北1丁目23-26 
営業:9:00~22:00
13)スーパー万代・巽南店(06-6791-0150)
大阪市生野区巽南5-7-26 
営業:9:00~22:00
14)スーパー万代・福島吉野店(06-6467-5575)
大阪市福島区吉野5-11-20
営業:9:00~22:00 
15)スーパー万代・桃谷駅前店(06-6771-2800)
大阪市天王寺区堂ヶ芝1丁目6-19
営業:9:00~22:00 
16)スーパー万代・下新庄店(06-4809-2212)
大阪市東淀川区下新庄3丁目10-22
営業:9:00~22:00 
17)スーパー万代・淀川新高店(06-6399-6661)
大阪市淀川区新高 2-1-1 
営業:9:00~22:00
18)スーパー万代・苅田店(06-6696-7251)
大阪市住吉区苅田3丁目2-7 
営業:9:00~22:00
19)スーパー万代・南住吉店(06-6697-8101)
大阪市住吉区南住吉 1-18-12 
営業:9:00~22:00
20)スーパー万代・住吉沢之町店(06-6699-6100)
大阪市住吉区沢之町 2-3-33 
営業:9:00~22:00
21)スーパー万代・矢田店(06-6697-0391)
大阪市東住吉区矢田 2-15-27
営業:9:00~22:00 
22)スーパー万代・今川店(06-6701-2990)
大阪市東住吉区今川 4-3-4 
営業:9:00~22:00
23)スーパー万代・加美店(06-6794-0182)
大阪市平野区加美東1丁目13-33 
営業:9:00~22:00
24)スーパー万代・平野流町店(06-6701-5262)
大阪市平野区流町 4-7-12 
営業:9:00~22:00
25)スーパー万代・長吉店(06-4302-6606)
大阪市平野区長吉出戸 7-13-15 
営業:9:00~21:00
26)スーパー万代・喜連西店(06-6769-5322)
大阪市平野区喜連西5丁目1-61 
営業:9:00~22:00                                      27)スーパー万代・喜連西店(06-6769-5322)
大阪市平野区喜連西5丁目1-61 ※8月29日 オープン予定。
営業:9:00~22:00

※スーパー万代・平野西脇店は、28店舗目となります。

大阪府内では、以下の市で現在は87店舗。

1)高槻市 5店舗
2)茨木市 1店舗
3)豊中市 2店舗
4)三島郡 1店舗
5)枚方市 4店舗
6)交野市 3店舗
7)寝屋川市 5店舗
8)大東市 3店舗
9)門真市 3店舗
10)守口市 2店舗
11)東大阪市 16店舗
12)八尾市 7店舗
13)柏原市 2店舗
14)堺市 14店舗
15)松原市 3店舗
16)和泉市 3店舗
17)富田林市 1店舗
18)羽曳野市 2店舗
19)藤井寺市 2店舗
20)泉大津市 1店舗
21)岸和田市 2店舗
22)貝塚市 1店舗
23)泉佐野市 1店舗
24)泉南郡 1店舗 
25)阪南市 1店舗
26)南河内市 1店舗

兵庫県では、現在は29店舗。

奈良県では、現在は13店舗。

京都府では、現在は10店舗。

和歌山県では、以下の現在1店舗。

1)紀伊川辺店 和歌山市川辺220番 073-461-1351

三重県では、以下の現在1店舗。

1)名張店 名張市瀬古口198-1 0595-63-6115

※トータルで、166店舗となります。

まとめ

以上の店舗数からもわかるように、やはり関西では、かなりの店舗を構えているスーパーであることが実感されますね。特に、地域に沿った商品のラインナップがあったり、万代選品という万代が誇りと自信を持って創り上げた独自ブランドもとても気になります。又、それ以外の物もコストパフォーマンスと品質も良さそうです。これからも、更に地域に密接したスーパーで展開されていくと考えられますので、次回は、おすすめの商材を調べて紹介していきたいと思います。最後までお読み頂き、有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました